ダイエット筋トレに必須な測定ツールの重要性を解説。体脂肪計BMIメジャー

便利な世の中になり、健康を計測するためのツールがたくさん市販されています。ボディメイクの観点からはズレますが、最近ではウェアラブル端末で心拍数を測って、リアルタイムに健康状態を確認することもできてしまいますよね。ただし、選択肢が増えれば増えるほど、選ぶ悩みも増える一方。「結局なにを基準にすればいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

選ぶツールによって計測できる数値ももちろん違ってきます。体重計なら“kg”、体脂肪計(体組成計)なら“%”。もちろんメジャーだって立派なツールひとつです。ボディメイクの基準として参考にするべき数値はどれか。それぞれ比較しながらお伝えしていきます。

数値は“正確さ”が命

もし、測定ツールをひとつだけを選ぶというのであれば、「体重計」をおすすめします。ツールによって測定する身体の部位や質が違うので、もちろん単位が違います。体重計が体脂肪計の代用となるわけではありません。身長と体重が別ものであるのと同じことです。

ただし、ボディメイクの観点で言えば、中長期間に渡って、数値がどのように推移しているのかを把握することが重要になってきます。この時、場所や機器の特性に左右されず、正確に測ることができるのが体重なのです。もちろん、ベストは併用していただくこと。ですから、他の数字から得られる情報の活用方法も知っておきましょう。

ますます進化する「体脂肪計」。でも結局は推測値の域

「人の見た目は「筋肉」と「脂肪」が10割。理想の体を得る心構えとは?」で、“脂肪とは何か”を再認識していただきましたね。最近では、見た目が太っていなくても実は体脂肪率が高い“隠れ肥満”という言葉も一般的になってきました。

ですから、本来であれば体脂肪計はボディメイクの効果を実感する上で、大切な指標になります。いわゆる“無駄な部分”をどれだけ落とすことができたか、が数字としてわかるわけですから。問題はその精度にあります。

家庭用の体脂肪計の場合、インピーダンス法という計測方式を採っています。これは体内に電流を流し、その速度を計測するというもの。“電気を通しにくい脂肪”と“電気を通しやすい筋肉”との、電気抵抗の違いを利用しています。計測した速度を統計データに照らし合わせ、脂肪の割合(=体脂肪率)に換算しているというわけです。

測り方で数値ズレる

しかし、私たちの身体の約60%は水分。そして水分は電気を通しやすい。そうです。身体の水分量も速度の計測に大きく影響してしまうのです。例えば、起床時や運動後。いずれも「喉が乾いたな」「水が飲みたいな」と感じる瞬間ですよね。

体内の水分量が減っていて、身体は電流を通しにくい状態です。そのために、脂肪の割合が多いという測定結果が出てしまうのです。逆に、食べ物や飲み物によって体内の水分量が増える食後や、体内に水分を溜めやすい生理前なども、あまり当てになりません。相対的に体脂肪率は低く表示されてしまいます。

さらに体脂肪計はメーカーや機種ごとに測定する身体の部位が異なります。また腕や脚の伸ばし方でも大きく変わってしまいます。ですから数値にバラツキが出てしまいます。「ジムで測るといつも体脂肪率が低いのに、家で測ると高くなる」そんな経験ありませんか。もちろんジムのスタッフがトレーニングの成果を捏造しているわけではなく、単に測る機械やタイミングが違うからなんですね。

なので、あまり毎日の数字に一喜一憂せず長いスパンで上がり下がりを確認することが重要です。

「メジャー」なら“生真面目さ”が測れるかも?

面白いことに「ウエストまわり1cmの変化は、体重1kgの変化と連動する」という見解があります。概ねどのような体型にも当てはまるようで、一見参考にする価値がありそうです。しかし、健康診断を思い出してください。測定時に息を吸い込んで、一瞬お腹を引っ込めた経験は誰しも心当たりがあるのではないでしょうか。

これが自分自身で測るとなれば、どうでしょう。「背中側は見えないのでまっすぐ測れない」「お腹に食い込むようにすれば、数cmはサバを読めてしまう」となれば、もうおわかりですよね。有用なツールが多い現代では、メジャーはもはやマイナーなツールになってしまったのでしょうか。

見た目を数値化したような数値「BMI」

もしかすると「ボディメイクは見た目が肝心。私は見た目で判断する!」という方もいらっしゃるかもしれません。写真に記録して判断する方法なども含め、否定するつもりはありません。しかし、やはり客観的に数値で把握できる方が、トレーニングの効果を“実感”できるのではないでしょうか。例えば、現金が手元になくても、通帳に金額という数値が表示されると、強い達成感を感じませんか。それでも、もし見た目にこだわるのであれば、「BMI」という数値を参考にしてみてください。

「ボディ・マス・インデックス」略して「BMI」は、身長と体重を元にして肥満度を知るためのもの。「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出します。BMIは一般の方を対象にしていますので、フィジカル的に屈強なスポーツ選手にはあまり参考になりません。ラグビー選手など、筋骨隆々とした体型の方ですね。たとえ体脂肪が少なくても、その分を補ってあまりある筋肉の重さによって、トータルで体重が重くなるためです。

最近では「体脂肪計」よりもさらに詳細に身体の状態を知ることができる「体組成計」の方が、一般的になりつつあります。水分量や筋肉量をはじめ、基礎代謝量や推定骨量、体脂肪に関しては内臓脂肪と皮下脂肪を別々に測れてしまいます。高度な機能を備えた機器が増えてきました。数値の信頼性にはまだ疑問が残りますが、身体のコンディションやトレーニングの成果を数値で確認できるのは画期的なことです。

客観的な判断材料は多いに越したことはないでしょう。最後にひとつだけ注意点を。測定する際は、毎回同じ時間、タイミング、使用機器で測定し、記録していくことを忘れないでください。

ライター 福田俊平

シリーズ

本シリーズ「理想の体を作る30の心得」は、ダイエットや筋トレがなかなか続かない方や、これから人生を変えるためのボディメイクを行いたいと考えている方に向けて、肉体面ではなく、精神的な面をサポートすることを目的とし「より成果を上げる為に知っておきたい知識や情報」に関してご紹介しています。是非、このシリーズを継続して読んでいただき、新しい自分を手に入れるためのお役に立てていただければ幸いです。

当サイトおすすめのパーソナルトレーニング

第1位 24/7 トゥエンティーフォーセブン

完全返金保証完全個室長時間営業
「一生もののボディを短期間で手に入れたい」という30~40代に圧倒的な人気を誇る24/7。24時まで営業していて完全個室でしかも痩せない場合は完全返金保証。実績とコスパのバランスが最も高く店舗数も多い今最も勢いのあるパーソナルジムです。詳しく見る

第2位 Reborn my self リボーンマイセルフ(女性専用)

女性専用ダイエット向き完全返金保証
(旧シェイプス)体脂肪を増やさず筋肉を減らさないということをベースにプログラムが組まれている。骨格から考えて筋力トレーニングを指導してくれ、骨盤や背骨の使い方など根本から具体的に教えてくれます。男性も通いたい素晴らしいジム。トレーナーも女性なので、女性特有の色々な悩みも話しやすい詳しく見る

第3位 es three エススリー

コスパ◎ダイエット向き託児所 ダイエット指導がメインのジムで、全国に多くの店舗があり価格が良心的。運動、食事管理、生活習慣指導の3点を軸に指導が行われており、経験豊富な熟練の専属トレーナーがアドバイスしてくる。1位2位に劣らず人気のジム。ダイエット中心であれば一度カウンセリングを受けてみることをお勧めする。託児所あるのもポイント。詳しく見る

第3位 XSLIM エクスリム

完全個室ダイエット向き長期アフター アフターフォローが4ヶ月と長く設定しているため、リバウンドしやすい痩せた後の生活もしっかりサポートしてくれる。とにかくリバウンドをさせないことに重きを置いており、他のジムには見られない興味深いサービスを提供している。今とても勢いのあるジムで、利用しているユーザーの満足度が非常に高い。詳しく見る


error: Content is protected !!