トレーニング法を徹底解説 ロングブレスダイエット ドローイン DVD カーヴィーダンス

「〇〇するだけで痩せる」や「〇〇を鍛えるには〇〇が効果的」、「〇〇したければ〇〇するな」など。TVや雑誌、実用書で事あるごとに取り上げられるダイエット方法やトレーニング方法の数々。1年間にいくつも登場してはブームになりますが、数ヶ月で忘れ去られたものの方がほとんどでしょう。

最近はいい意味でも、悪い意味でもトレーニングに関する情報があふれています。科学的な見識に基づいて、新しく考案されるトレーニング法。研究が進んだおかげで、定説が改められたトレーニング理論など。これらの情報をうまく取り入れるかどうかで、トレーニングの効果が大きく変わるのは間違いないでしょう。

ところが中には個人の経験則だけを基にした、主観的なトレーニング理論。もしくは、営利目的のために考え出されたトレーニング法もあるようです。いずれもさまざまなメリットを謳い、もっともらしい根拠が提示されています。その中からどれが正しい情報なのかを判断するのは他ならぬ自分自身です。安易に信じて、せっかくの時間と努力を無駄にすることがないように、これからお伝えすることを是非役立てていただけたらと思います。

エネルギー保存の法則

これから取り上げる方法や理論は決して効果がないわけではありません。否定するために取り上げるわけでもありません。ただし、お伝えしておきたいのは、この自然界には科学によって証明された多くの理論や法則が存在するということです。トレーニング理論はそれらを参考に考案されたに過ぎません。

しかし、トレーニング理論やダイエット法の中には、次の法則を完全に無視したものが少なくありません。それが、物理学における「エネルギー保存の法則」です。

これは「エネルギーがある物体からある物体へ移動したり、形態を変えたりしても、その総量は変わらない」というものです。もちろん私たち人間も自然界の一部ですから、「エネルギー保存の法則」に逆らうことはできません。

この法則を食事と運動に当てはめてみましょう。食品から人体内へと移動したエネルギーは、消化・分解・吸収されて形態を変えたとしても、その総量が変わるわけではありません。ボディメイク/ダイエットにおいて体脂肪を減らすためには、次の数式を成り立たせることが条件となります。

摂取カロリー<消費カロリー(基礎代謝+生活活動代謝+DIT)

物理学は数学と親和性の高い科学ですから、このように数式で言い換えることができます。この法則を超越したり無視したりして、エネルギーが何らかの形で体内から消え去ることはありえません。このことを理解しておくだけで、何が正しい情報かどうかを判断するときの大きな基準になってくれますよ。

ロングブレスダイエット

「ロングブレスダイエット」が注目され始めたのはもう5~6年も前のことでしょうか。それ以来、メディアでも頻繁に取り上げられ、今も多くの方が実践されています。その名の通り、“息の長い”ダイエット法ですね。実際に多くの人がダイエットやボディメイクに成功しています。

ロングブレスダイエットは独自の呼吸方法と合わせて語られることが多いのですが、どうやらこのエクササイズがダイエットに効果的である理由は他のところにあるようです。少し専門的な内容になりますが、解説しますね。

一言で言うと、ロングブレスダイエットは筋肉のアイソメトリック収縮をうまく利用して、生活活動代謝の量を効率的に高めている、と考えられます。よくわかりませんよね。つまり、息を吐いている間ずっと、全身の筋肉に力を入れて続けている。その状態で息を長く吐けば吐くほど、トレーニングの効果を高めている。という感じでしょうか。

「アイソメトリック収縮」とは

筋力を発揮する際に、筋肉の長さが伸びたり、縮んだりしない運動のことです。筋肉が収縮しないということは、関節を動かさずに運動ができるということです。大胸筋を使って胸の前で合掌する。背筋を使って胸を反る。僧帽筋を使って肩をすくめる。筋肉に力を入れながら、ポーズをキープするわけですね。アイソメトリックによる運動は安全性が高いので、筋力強化の目的でリハビリメニューなどにも導入されています。

ボディビルダーがコンテストでポーズをとって、筋肉をアピールしている映像を見たことはありませんか。実はあれだけでもかなりの筋力を使っています。翌日には筋疲労が残るくらいにです。もちろんウエイトトレーニングほど強度があるわけではありません。しかし「メッツ」を解説した際にお伝えしたように、強度は時間で補えます。ロングブレスダイエットは呼吸を続けながら、長時間筋肉を刺激するため、十分なトレーニングになるのでしょう。

このように、ロングブレスダイエットは呼吸法よりも、アイソメトリックによる筋力強化という側面の方が大きいようです。また、「マシントレーニングほど負荷が高くないため、体力のない人でも始めやすい」。「ジムに行かなくても自宅でできる」。「ケガのリスクが少ない」なども特徴です。トレーニング初心者のニーズを叶えてくれることも、人気の理由かもしれませんね。

ドローイン

他のトレーニング方法と比べると多少認知度は低いようですが、「ドローイン」はダイエッターの関心を強く惹きつけています。ドローインには様々な方法があるようですが、簡単に言うと、「大きく息を吐きながら、お腹を引き込み、その状態を数十秒キープする」というもの。腹部内には内臓を緩やかに支えている腹膜というものがあります。腹膜と内臓の間には隙間があるため、お腹を凹ませて隙間を埋めることで、ウエストが引き締まるというわけです。

基本的には大幅な消費カロリーの増加や、脂肪の燃焼効果があるわけではないので、ボディメイク/ダイエットにはなりません。ただ、姿勢を矯正したり、ウエストを引き締めたりするという点では、即効性が期待できますね。

DVDエクササイズ

ブームの火付け役となった「ビリーズブートキャンプ」をはじめ、「ザ・トレーシー・メソッド」「コアリズム」「ジリアン・マイケルズの30日間集中ダイエット」など、エクササイズDVDは世界中で大ヒットしていますね。「自宅をスタジオ代わりにして、誰にも知られずにエクササイズができる」「音楽に合わせて体を動かすため、楽しく続けられる」など、人気の理由はたくさんありそうです。

また、芸能人や海外セレブなどが実践していることも話題になりやすいのでしょう。スターのようなスタイルに対する憧れは、世界共通のようですね。

「カーヴィーダンス」も人気のあるDVDエクササイズ

音楽に合わせてダンスをするスタイルのエクササイズですね。有酸素運動やストレッチ、筋力トレーニングをバランスよくミックスしているのが特徴です。なにより、カリスマトレーナー樫木裕実氏が、驚異的ともいえる若々しいボディラインが、カーヴィーダンスの効果を実証していますね。

ダンスのようにステップを踏みながら手、足、腰の筋肉を動かすのが、カーヴィーダンスの基本的な方法です。主に速筋を使うにもかかわらず、速筋をもっとも効果が高い「高負荷×短時間」という条件とは真逆をいくスタイルなのです。どうやらここが人気の秘密なのでしょう。

「筋肉を大きくしたくない」「しなやかなボディラインを保ちたい」「腰のくびれを手に入れたい」など、世の女性のニーズにマッチしていますよね。また、運動により生活活動代謝を上げることで、脂肪燃焼が期待できることも魅力的なのでしょう。

※今回のテーマ「あのトレーニング法を徹底解説」は次回以降も続きます。

ライター 福田俊平

当サイトおすすめのパーソナルトレーニング

第1位 24/7 トゥエンティーフォーセブン

完全返金保証完全個室長時間営業
「一生もののボディを短期間で手に入れたい」という30~40代に圧倒的な人気を誇る24/7。24時まで営業していて完全個室でしかも痩せない場合は完全返金保証。実績とコスパのバランスが最も高く店舗数も多い今最も勢いのあるパーソナルジムです。詳しく見る

第2位 Reborn my self リボーンマイセルフ(女性専用)

女性専用ダイエット向き完全返金保証
(旧シェイプス)体脂肪を増やさず筋肉を減らさないということをベースにプログラムが組まれている。骨格から考えて筋力トレーニングを指導してくれ、骨盤や背骨の使い方など根本から具体的に教えてくれます。男性も通いたい素晴らしいジム。トレーナーも女性なので、女性特有の色々な悩みも話しやすい詳しく見る

第3位 es three エススリー

コスパ◎ダイエット向き託児所 ダイエット指導がメインのジムで、全国に多くの店舗があり価格が良心的。運動、食事管理、生活習慣指導の3点を軸に指導が行われており、経験豊富な熟練の専属トレーナーがアドバイスしてくる。1位2位に劣らず人気のジム。ダイエット中心であれば一度カウンセリングを受けてみることをお勧めする。託児所あるのもポイント。詳しく見る

第3位 XSLIM エクスリム

完全個室ダイエット向き長期アフター アフターフォローが4ヶ月と長く設定しているため、リバウンドしやすい痩せた後の生活もしっかりサポートしてくれる。とにかくリバウンドをさせないことに重きを置いており、他のジムには見られない興味深いサービスを提供している。今とても勢いのあるジムで、利用しているユーザーの満足度が非常に高い。詳しく見る


error: Content is protected !!