逆三角形の背中を作る筋トレ法!!自重でできるトレーニングとは?

背中は他人からはよく見られている部位です。しかし、鏡では見づらい分筋トレは疎かになりがちです。逆三角形のきれいな細マッチョ体型にするためには、背筋のトレーニングは必要不可欠です。

基本のバックエクステンション

自重で行うバックエクステンションは、主に背中の下部、脊柱起立筋を鍛えるトレーニングです。負荷を高くすると、背中の中心部や大殿筋、腰のインナーマッスルにまで刺激を与えることができるので、ぜひ筋トレのメニューに組み入れたい種目です。

やり方は、まず床にうつ伏せになります。両手を頭の横に置き、ゆっくりと頭と両腕、そしてつま先を床から離します。お腹で体を支えている格好になります。

腰が痛くならない程度まで腰を反らしたら、ゆっくり戻します。反らせた状態で2~3秒静止するとさらに刺激が強くなります。これを、まずは10回×3セット行いましょう。

もし背筋力や腰周りの柔軟性が不足していて頭と両手足を持ち上げられない場合は、頭と両腕だけ少し床から離れるようにし、トップポジションで静止する時間を長く取りましょう。なお、無理して反らしすぎると腰痛の原因になるため注意してください。

脊柱起立筋の周辺に筋肉がつくと、姿勢が良くなったり腰周りに脂肪がつきにくくなります。また、腰周りが絞られるため、背筋の上部にある広背筋がそれほど発達していなくても、後ろ姿が以前よりは逆三角形に見えるでしょう。

バックエクステンションでは広背筋にはほとんど刺激は与えられません。そのため、この部分を鍛えるためには、次のようなトレーニングをしましょう。

バックエクステンションのやり方動画

自重で広背筋を鍛える

背中の上部が大きくなると、はっきりと逆三角形の体型になります。広背筋を集中的に鍛えるために引く力を使ったトレーニングをしますが、まずは道具を使わずに自重で行うやり方を説明します。

はじめに床に仰向けになり、両手は体の横に付けます。腕と足を軽く曲げてから、肘で床を押し、上体を持ち上げるようにします。足の裏とお尻、そして肘で体を支えている格好になります。

上体を持ち上げた状態で2~3秒静止させ、ゆっくり戻します。これを10回×3セット行ってください。負荷を上げる際は、静止時間を伸ばしたりお尻を浮かせるとよいでしょう。

このトレーニングでは、広背筋の主に中心部や僧帽筋などが鍛えられるため、背中の厚みが増します。ただ広背筋の横の部分は鍛えづらいため、次のような器具を利用したやり方をおすすめします。

器具の利用でさらに効果的に

同じ自重トレーニングでも、器具を利用することでさらに筋トレ効果をアップさせることができます。例えば、自宅にぶら下がり健康器があれば、それを利用して「チンニング(懸垂)」ができます。

やり方は、まず順手、逆手どちらでもいいのでぶら下がります。それからゆっくりと体を持ち上げ、できればつかまった棒のところにアゴが当たる程度まで引き上げてください。そしてゆっくりと戻します。

筋力不足や体重が重いために体が持ち上がらない人は、台を利用したりジャンプしたりして、最初に体を引き上げておいてください。すると、重力に負けて体が徐々に落ちてくるので、それに抗うように背中に力を入れます。これでも十分に筋肉に刺激を与えることができます。

ぶら下がり健康器の横幅が短いと、両手の幅が広げられずに広背筋の横の部分が鍛えにくくなります。この場合、2つあればそれを並べることで活用できます。

ちなみに、開けたドアにぶら下がることでも同様のトレーニングが可能です。ただし、体重に耐えられるようにできていないドアもあるため、耐荷重は確認したほうがいいでしょう。

もっとも安全にチンニングを行うためには、公園にある鉄棒を利用します。強度も幅も十二分にあるため、ケガの心配をせずにトレーニングができます。

広背筋の横の部分を集中的に鍛えるためには、両手の幅を広くします。肩幅よりも拳2~4個分程度広くするといいでしょう。

このスタンスでチンニングをしますが、両手の幅を広くするほど広背筋の中心部が使われずに広背筋の横の部分が使われます。そのため、よりキツく感じるはずです。この部分を鍛えることで背中の上部の筋肉が横に広がるので、逆三角形の体型が効果的に作れます。

まとめ

背中のおすすめの筋トレ種目は、バックエクステンションと鉄棒を利用したチンニングです。この2種目で背中の広い範囲を鍛えることができ、より細マッチョに映えるシルエットを作り上げることができます。背中は自分では見えにくいですが他人からは気になる部分なので、特に重点的に鍛えるようにしましょう。

 

当サイトおすすめのパーソナルトレーニング

フィットネスジム第1位「ティップネス」

低価格WEB入会可全国展開
1週間ずつ「運動」「食事」「回復」をトータルサポートしてくれるティップネス独自のコンディショニングメソッドや、一人一人の目標に合わせたプランを提案してくれるコンディショニングドッグなど低コストで充実サービスとサポートが人気です。入会の際は「らくらくWEB入会」で手続き時間が大幅に省け、商品券ももらえるのでお得です◎詳しく見る

パーソナルジム第1位 Reborn my self リボーンマイセルフ(女性専用)

女性専用ダイエット向き完全返金保証
(旧シェイプス)体脂肪を増やさず筋肉を減らさないということをベースにプログラムが組まれている。骨格から考えて筋力トレーニングを指導してくれ、骨盤や背骨の使い方など根本から具体的に教えてくれます。男性も通いたい素晴らしいジム。トレーナーも女性なので、女性特有の色々な悩みも話しやすい詳しく見る

第2位 es three エススリー

コスパ◎ダイエット向き託児所 ダイエット指導がメインのジムで、全国に多くの店舗があり価格が良心的。運動、食事管理、生活習慣指導の3点を軸に指導が行われており、経験豊富な熟練の専属トレーナーがアドバイスしてくる。1位2位に劣らず人気のジム。ダイエット中心であれば一度カウンセリングを受けてみることをお勧めする。託児所あるのもポイント。詳しく見る

第3位 XSLIM エクスリム

完全個室ダイエット向き長期アフター アフターフォローが4ヶ月と長く設定しているため、リバウンドしやすい痩せた後の生活もしっかりサポートしてくれる。とにかくリバウンドをさせないことに重きを置いており、他のジムには見られない興味深いサービスを提供している。今とても勢いのあるジムで、利用しているユーザーの満足度が非常に高い。詳しく見る


1 thought on “逆三角形の背中を作る筋トレ法!!自重でできるトレーニングとは?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


error: Content is protected !!