筋トレで痩せる!トレーニングが効果的なのは「食前or食後」どっち?

筋トレにまつわる素朴な疑問をピックアップし、その「Answer:答え」には、しっかりと「Why:理由」を添えてお伝えしていきます。理由を知って、答えに対する理解を深めていただければと思います。

筋トレが効果的なのは「食前 or 食後」どっち?

「細かいことだけど、トレーニングする時間帯って具体的に食前か食後のどっちなの?」。いいえ、決して細かくありません。その答えはトレーニングの質に“大きく”影響するのですから。

さて、ここでいきなりですがクイズです。「トレーニングの必需品はなんでしょうか?」「ダンベル」?「モチベーション」?「動きやすいジム用シューズ」と答えた方は、トレーニング通ですね。しかし正解は「エネルギー」です。この質問の真意は、これからわかっていただけると思います。

答え「トレーニングは食前も食後も避けましょう」

空腹時の場合

まずは食前から考えましょう。誤解を避けるために、食前という“時間帯”ではなく、空腹という“状態”を基準にします。というのも、先ほどお伝えした「朝トレーニングをすると痩せる」という説は、人によって捉え方が異なるからです。先ほどは単純に朝という“時間帯”のお話しをしました。しかし、今回は「朝は起きてすぐはお腹が空いている。

だから、“朝”=“空腹時”だという解釈が生まれてしまいます。そういう経緯で「空腹時にトレーニングをすると痩せる」と考えられてしまっているのでしょう。

また、空腹時の血糖が不足しているタイミングを狙って、脂肪をエネルギー源にして痩せるという方法論があることは事実です。しかし、本当にそうでしょうか。筋トレか?有酸素運動か?効率よく痩せる為にどっちを優先?でお伝えしたことを思い出してください。

筋肉を削ってしまう恐れも

筋トレは主に速筋を使う、瞬発系の運動の連続です。瞬発系の運動に使われる優先的に使われるエネルギーはなんだったでしょうか。「グリコーゲン」と「アミノ酸」でしたね。しかし、筋肉内の筋グリコーゲンを使い果たすとどうなるか。もちろん脂肪からエネルギーを補充しようとします。

しかし、同時に筋肉を分解して糖質を供給しようとするのです。筋トレで筋肉を大きくしようとした結果、筋肉を削って小さくしてしまうという本末転倒な事態を招いてしまいます。

食べてすぐ後の場合

一方で食後、つまり満腹状態ですね。残念ながら、こちらも避けた方が良いでしょう。満腹になると副交感神経が優位の状態になります。食べたものを消化・吸収するために胃や腸が活発になり、血液を必要とします。この状態でトレーニングをすれば内臓に集まるはずの血液は筋肉へと向かうため、消化不良を起こし吐き気などを催す恐れがあります。

さらに、副交感神経が優位な状態のため、発揮できる筋力が低下します。しかも、やる気よりも眠気で頭がいっぱいになってしまいます。これは皆さんも実感として理解していただけるはずです。とてもトレーニングどころじゃありませんね。

理由「空腹時には筋肉が、満腹時にはやる気が削がれるから」

となると、どのタイミングでトレーニングと食事をおこなうべきか。目安としては、食後2時間ほど時間を空けてからトレーニングをするのが望ましいのです。そうすれば食事で体内へと入ってきた食べ物は消化、分解を終えた状態だからです。

吸収したエネルギーは一旦、糖に変換されて血中に送り込まれており、トレーニング時のエネルギー源になるわけですね。トレーニングで消費しきれば、脂肪として蓄積される心配もありません。「軽く腹に入れておくか」くらいの感覚で、トレーニング前に小腹を満たしておけば、身体の負担にならず、全力でトレーニングに臨めるはずです。もちろんトレーニング後には“筋肉になる栄養”をしっかりと補ってくださいね。

ライター 福田俊平

当サイトおすすめのパーソナルトレーニング

フィットネスジム第1位「ティップネス」

低価格WEB入会可全国展開
1週間ずつ「運動」「食事」「回復」をトータルサポートしてくれるティップネス独自のコンディショニングメソッドや、一人一人の目標に合わせたプランを提案してくれるコンディショニングドッグなど低コストで充実サービスとサポートが人気です。入会の際は「らくらくWEB入会」で手続き時間が大幅に省け、商品券ももらえるのでお得です◎詳しく見る

パーソナルジム第1位 Reborn my self リボーンマイセルフ(女性専用)

女性専用ダイエット向き完全返金保証
(旧シェイプス)体脂肪を増やさず筋肉を減らさないということをベースにプログラムが組まれている。骨格から考えて筋力トレーニングを指導してくれ、骨盤や背骨の使い方など根本から具体的に教えてくれます。男性も通いたい素晴らしいジム。トレーナーも女性なので、女性特有の色々な悩みも話しやすい詳しく見る

第2位 es three エススリー

コスパ◎ダイエット向き託児所 ダイエット指導がメインのジムで、全国に多くの店舗があり価格が良心的。運動、食事管理、生活習慣指導の3点を軸に指導が行われており、経験豊富な熟練の専属トレーナーがアドバイスしてくる。1位2位に劣らず人気のジム。ダイエット中心であれば一度カウンセリングを受けてみることをお勧めする。託児所あるのもポイント。詳しく見る

第3位 XSLIM エクスリム

完全個室ダイエット向き長期アフター アフターフォローが4ヶ月と長く設定しているため、リバウンドしやすい痩せた後の生活もしっかりサポートしてくれる。とにかくリバウンドをさせないことに重きを置いており、他のジムには見られない興味深いサービスを提供している。今とても勢いのあるジムで、利用しているユーザーの満足度が非常に高い。詳しく見る


error: Content is protected !!