パーソナルトレーニングジムの費用・料金相場とは?

都内にはパーソナルトレーニングが行えるジムが多く存在します。どれも魅力的なジムばかりですが、「月謝が高いほうが効果あるの?」「料金がジムごとに違うから迷ってしまう」と思ってしまう人も少なくありません。

そこでここでは、都内にあるパーソナルトレーニングジムの相場や料金が異なる理由などについて解説していきます。

料金の相場

都内のパーソナルトレーニングジム(プライベートジム)の相場は年々上がっています。現在の相場は、月に10~20万円とバラツキがあります。

多くのジムでは週に2回のトレーニング日を設けています。そのため1回のトレーニングの相場は1~2.5万円ほどです。

中には月数万円でできるところもありますが、個室ではなくスポーツジムの運営ついでにトレーニング指導を行うというものなので、パーソナルトレーニングとは性質が異なります。

パーソナルトレーニングは、あくまでも顧客一人一人の目的や体質、運動経験などに基づいて、綿密なプランを立ててマンツーマン指導と食事指導を行うものです。

次のように、同じパーソナルトレーニングでも料金に違いが出る理由があります。

料金が異なる理由

パーソナルトレーニングは、トレーナーや設備、立地、広告費などによって料金が変わります。

まず指導実績が長く、より高レベルの指導経験があるトレーナーの評価は高いです。このようなトレーナーがジムを経営したり指導したりしている場合は、料金が高くなります。

プロスポーツ選手を指導した経験のある有名なトレーナーになると、料金が相場の5倍以上というケースもあります。反対にマニュアル通りに行えば指導者になれるようなジムの場合、必然的にトレーナーの質は低くなるため料金が低めになります。

次に、設備はジムによって大きく異なります。

フリーウエイト中心のジム

安全に筋トレができるようにパワーラックが設置され、ダンベルやバーベルなどが揃えられています。これはパーソナルトレーニングジムにある一般的な設備なので、料金にはそれほど反映されません。

マシンを使ったジム

チェストプレスやレッグプレス、ラットプルダウン、その他各種マシンが揃えられています。マシンは一台一台が高額なものが多いため、料金も高くなります。

ジムによっては痩身マシンや酸素カプセルなど、独自の設備を設置して差別化を図っているところもあります。

立地も料金に反映します。個人ジムでも立地が良ければ高額になりやすいです。都内でも土地単価が低い地域にジムを設けることで料金を下げているところもあります。

広告が多いジムは集客も期待できますが、経費も増えるため料金が高めになりがちです。

これらトレーナーの質や設備、立地などにジムが設定する利益率が加味されて、各ジムの料金が決定します。

ジムごとの料金と内容

ここでは大手のパーソナルトレーニングジムを例に、料金とその内容について説明します。

1.RIZAP(ライザップ)

ライザップを詳しく見るパーソナルトレーニングを大々的に宣伝することで一般に浸透させ、全国展開している実績のある「ライザップ」は、入会金込みで2ヵ月で35万円ほどします。大手ジムの中では高額な部類に入ります。

この理由は、まず知名度をトップに押し上げた広告戦略です。テレビCMをはじめ様々な媒体で宣伝していますし、有名人のビフォーアフターも積極的に載せています。

そしていかにも結果を出せそうなキャッチコピーにすることで、料金が高くても契約者数が多いという循環を作り上げています。ジムには高級感があり、オリジナル食品も豊富にあります。ジム全体の質も高いです。

その自信から、全額返金制度が30日付いています。しかもいかなる理由でも納得しなければ返金されるシステムになっています。

最近ではパーソナルトレーニングを展開するジムが増えています。それらの間で競争も激しくなっているのが現状です。

そのため現在は、ライザップと同等のレベルの指導法や独自の設備などを加えたプログラムを売りに、多くのジムが価格競争を繰り広げています。

2.ダンディハウスパーソナルジム

ダンディハウスを詳しく見るトレーニングとエステの融合で話題の「ダンディハウスパーソナルジム」には、減量コースや逆三角ボディコース、シックスパックコースなど、男性の悩みを解消するためのプログラムが多数用意されています。

その中で人気のプログラムが短期集中型の「インテリジェンスダイエット」で、料金は1ヵ月15万円ほどです。パーソナルトレーニングの料金としては平均的です。

ただ週に1回、月に4回のトレーニングなので、1回あたりの金額は高くなります。しかし短期的に引き締まったボディを作り上げることができ、さらにリバウンドしない体質にもできるため、何ヵ月も継続する必要はありません。

またダンディハウスならでは効率を重視したやり方なので、ダイエットに成功している人はたいへん多いです。そのため、コストパフォーマンスが良いコースと言えます。

プログラムにはマンツーマン指導の短時間トレーニングをはじめ、遠赤外線サウナや特許を取得した機器を使用した寝たまま有酸素運動などがあります。一般的なパーソナルトレーニングではトレーニングと食事指導のセットが多いですが、ダンディハウスでは独自のマシンも使われています。

ここまでの設備が揃うと、通常は高額の料金を支払うことになります。しかしダンディハウスの土台にはエステでの経験と実績があるため、低料金で可能というわけです。

店舗は銀座と新宿、池袋の3か所です。いずれも駅近にあります。ジムに通うのは週に1回だけなので、家や職場から少し遠くても通いやすい頻度です。

ダンディハウスパーソナルジムは、短時間トレーニングや独自マシンで効率的に結果を出せるパーソナルトレーニングです。そのため、時間と労力を節約しながらダイエットしたい男性にはおすすめのジムです。

3.Reborn my self Reborn my self リボーンマイセルフ

リボーンマイセルフを詳しく見る女性専用のパーソナルトレーニングジムの「リボーンマイセルフ」(旧シェイプス)は、女性にうれしいプログラムが揃えられているジムです。コースの料金は、2ヵ月で25万円ほどなので平均的です。

部分痩せコースではお腹、脚、お尻の3コースそれぞれが大幅に割引きされているため、たいへんリーズナブルです。お腹痩せが12万円(65日間)、脚とお尻痩せが17万円(70日間)です。安くできる理由は、モニター価格が設定されているためです。

トレーニング期間終了後のメンテナンスコースもあり、2ヵ月で10万円、4か月では17万円ほどになります。また他のジムとは違い、トレーナーや顧客は女性だけなので、人目を気にすることなくトレーニングに集中することができます。

店舗は全国にありますが、都内では新宿や渋谷、六本木など15か所以上にあり、さらに駅近に位置するためたいへん通いやすいです。

4.BOSTY ボスティー

ボスティーを詳しく見る腹筋専門のパーソナルジムとして話題のボスティーは、腹筋コースをはじめ、筋肉量アップコースや期間別のダイエットコースなどが揃っているのが特徴です。もっとも結果を出しにくい部位にフォーカスしたパーソナルジムとして人気上昇中です。

6パックを作りくびれたウエストを作る腹筋2ヵ月コースの料金は、入会金込みで23万円ほどです。逆三角形の男らしい体を作る筋肉量アップ3ヵ月コース、美脚や二の腕など女性の悩み解消に特化した美BODY3ヵ月コースは、約33万円です。

ダイエットコースは顧客の細かな要望に応えたコースが用意されており、期間や回数によって料金が異なります。超短期の2週間コースの料金は、4回のトレーニングで入会金なしの6万円、1ヵ月コースは入会金込みで約17万円、2ヵ月16回コースは23万円です。

また、単発でのカウンセリングやボディメイクができる1回14,000円のビジターコースもあり、普段自分でトレーニングしている人がプロの指導でやり方を確認する方法などもあります。

ジムは都内に6箇所ありますが、都心部に偏っています。そのため郊外に住んでいる場合は、通勤などの際に利用するのが良いでしょう。

5.パーソナルボディラボ

パーソナルボディラボを詳しく見る
パーソナルボディラボは、ニーズの多いメニューを組み合わせることができるパーソナルジムです。またたいへん安価で、他のジムと比べて利用しやすい値段設定になっていることも大きな特徴です。

メニューには基本のパーソナルトレーニングの他、パーソナルヨガやブライダルコース、アロマ水素吸入、PBL式魅せボディプログラムなど多くの種類が展開されています。パーソナルトレーニングは1回8,000円なので、週に2回のトレーニングを2ヵ月間行った場合の料金は128,000円とたいへん安いです。

友人や家族とグループトレーニングを行った場合は、さらに安くなります。2人の場合は1回6,000円、3人では1回5,000円です。そのため3人のグループトレーニングを選択した場合、2ヵ月間のトレーニングが1人80,000円で済ませることができます。

1回8,000円のパーソナルヨガや1回2,000円のアロマ水素吸入などと組み合わせることで、さらに効率的に理想のボディに近付けることができます。

PBL式魅せボディプログラムは今人気のコースで、ボディビルと細マッチョの間を目指す人のためのトレーニングメニューです。メンズフィジーク日本チャンピオンが指導を行う特別メニューですが、1回10,000円とリーズナブルです。週に2回のトレーニングを2ヵ月間行った場合の料金は160,000円と、他のパーソナルジムの料金と比べると圧倒的に安いです。

ただしジムの場所は西麻布の一箇所しかないため、通いづらいことがデメリットです。

まとめ

都内のパーソナルトレーニングジムは、以前は月額10万円以下のところがほとんどでした。しかし相場が急激に上がり、月額20万円ほどになるところも現れました。

その後競争が激しくなってからは相場が落ち着いてきて、ダイエットなど一般的なプログラムでは月額10~15万円(2ヶ月のプログラムで20万~30万)が平均になっています。また、各ジムが入会金割引きサービスや返金保証を設けるなど、財布にも優しい環境になってきています。

相場が落ち着き指導法が平均化している今、ジムの売りやトレーナーとの相性、そして立地が自分のスタイルに合っていることが、目標を達成する上で大切な項目になっています。

当サイトおすすめのパーソナルトレーニング

フィットネスジム第1位「ティップネス」

低価格WEB入会可全国展開
1週間ずつ「運動」「食事」「回復」をトータルサポートしてくれるティップネス独自のコンディショニングメソッドや、一人一人の目標に合わせたプランを提案してくれるコンディショニングドッグなど低コストで充実サービスとサポートが人気です。入会の際は「らくらくWEB入会」で手続き時間が大幅に省け、商品券ももらえるのでお得です◎詳しく見る

パーソナルジム第1位 Reborn my self リボーンマイセルフ(女性専用)

女性専用ダイエット向き完全返金保証
(旧シェイプス)体脂肪を増やさず筋肉を減らさないということをベースにプログラムが組まれている。骨格から考えて筋力トレーニングを指導してくれ、骨盤や背骨の使い方など根本から具体的に教えてくれます。男性も通いたい素晴らしいジム。トレーナーも女性なので、女性特有の色々な悩みも話しやすい詳しく見る

第2位 es three エススリー

コスパ◎ダイエット向き託児所 ダイエット指導がメインのジムで、全国に多くの店舗があり価格が良心的。運動、食事管理、生活習慣指導の3点を軸に指導が行われており、経験豊富な熟練の専属トレーナーがアドバイスしてくる。1位2位に劣らず人気のジム。ダイエット中心であれば一度カウンセリングを受けてみることをお勧めする。託児所あるのもポイント。詳しく見る

第3位 XSLIM エクスリム

完全個室ダイエット向き長期アフター アフターフォローが4ヶ月と長く設定しているため、リバウンドしやすい痩せた後の生活もしっかりサポートしてくれる。とにかくリバウンドをさせないことに重きを置いており、他のジムには見られない興味深いサービスを提供している。今とても勢いのあるジムで、利用しているユーザーの満足度が非常に高い。詳しく見る


error: Content is protected !!